切手を買い取ってもらうには?

切手の買い取り方法には何がある?

切手を売りたい時に利用出来るお店には切手専門店以外にも、幅広いジャンルの商品を買い取りしているお店、質屋、チケットショップなどのお店の種類があります。
売れる切手の種類がお店により異なりますが、幅広いジャンルの商品を買い取りしているお店、一部の切手専門店などでは切手の種類やバラ品もしくはシートなどに関係なく買い取りして貰えるお店もあるのでそれぞれのお店の買い取り事例を参考にするのがお勧めです。
切手はバラ品よりもシート単位で売る方が高く売れるのですが、バラ品しかないと言った場合にお勧めなのが台紙貼り切手で買い取りしてくれるお店です。台紙貼り切手は同一額面の切手を50枚台紙に貼り付けて売る方法で、台紙一枚あたりの買い取り価格が決まっているのが特徴です。

昭和の時代に発行された切手

昭和35年頃からは切手ブームが始まったと言われていますが、ブーム前に発行された切手は現存数が少ないなどの理由からも高く売る事が出来る切手が多くあります。切手の価値は発行枚数が少なく、保存状態が良好なものほど高くなります。
更に、切手はバラ品よりもシートになっている方が高い評価を得られるのが特徴で、シートになっているものはそのままの状態で査定を受けるようにしましょう。
切手商と言うお店は切手の専門家がいるお店であり、切手に精通した知識や市場動向などを熟知しているため、希少価値が高いと言われている切手ブーム以前に発行が行われた切手などの高価買い取りが出来るお店でもあるのです。
切手の種類などに応じて買い取りして貰えるお店を選ぶのも高く売るコツの一つですよ。